住み続けたいまち・品川区のおすすめ不動産屋をリサーチ!

HOME » 品川エリアで不動産購入!気になるお金のアレコレ » 品川区で新築一戸建て住宅を建てるなら知っておきたい費用内訳

品川区で新築一戸建て住宅を建てるなら知っておきたい費用内訳

都内でも人気の高いエリア・品川区で新築一戸建てを建てるのに、どのような費用が必要となるのでしょうか?

本体工事費用

家づくりの要となるのは建物ですが、その「建物」そのものにかかる費用のことをいいます。一般的には坪単価とイコールで結ばれています。

新築一戸建て住宅を建てる時にかかる費用内訳のうち、およそ70~80%を占めているのがこの本体工事費用だといわれています。

本体工事費用には建物の基礎を作る基礎工事から足場を組む仮設工事、建物の骨組みを作る木工事などが含まれており、その他屋根工事や内外装工事、タイル工事など本体(建物)に関する費用はほとんどが該当するといえます。

品川区において本体工事費用の相場は、建売住宅で25坪:1,125万円~、注文住宅で1,500万円~、建築家へのオーダーで2,000万円~となっています。

別途工事費用

別名で「付帯工事費用」とも呼ばれています。本体(建物)の工事以外の工事の費用を指しています。 費用内訳のうちおよそ15~20%がこの工事の費用だといわれています。

別途工事には水道工事や電気工事、地盤調査(補強工事)、照明器具工事、空調工事、インテリア・エクステリア工事などが含まれます。

これらは建物を建てるだけでなく、生活をする上で必要となる工事ですので、当然省くことはできません。

諸経費

住宅を建てるのとは直接関係がないように思えるところで様々な費用がかかります。費用内訳のうち、およそ10%が諸経費だと考えられています。

例えば法務局に登記の申請を行う時に発生する登録免許税、工事を依頼する際や住宅ローンを借りる際の契約書に必要な印紙税、火災保険や地震保険に加入した場合の費用などが挙げられます。

また、住宅を新築する場合、不動産に対して課税される不動産取得税なども必要です。 その他、引っ越し代や新居で使う家具や家電の購入代なども忘れてはいけません。

品川区で新築一戸建てを建てる際の費用内訳例

では、具体的な費用内訳例をみてみましょう。 木造2階建て一戸建て住宅(約30坪)

本体工事費用 1,500万円
別途工事費用 200万円
諸経費 80万円

合計1,780万円となります。これはあくまでも一例であり、特に別途工事に関しては地盤の状況などによって大幅に増減がある場合があります。

家づくりには土地購入費用なども必要となりますから、計画をきちんと立てた上でローンを組み、返済に追われるなんてことのないようにしましょう。

 
必見!品川区で評判の不動産屋ランキング